1. >
  2. >
  3. 美術館の影響から
美術館の影響から ?>

美術館の影響から

mijutsu

子供と美術館なんて行ってもムダ?!

子供と一緒に美術館へ行ったことはありますか?
「美術館なんて子供がたいくつするだけだし、せっかく連れて行っても絵なんてみていない!」と言う方も少なくありません。

それでは、美術館へ行った子供は何も見ていないのでしょうか?
「美術館を出た後、またしばらく経ってから色々聞いても、何も覚えていないらしく、何もこたえませんよ」と言った回答がかえってきそうです。

子供も美術館で影響を受ける

ここでニュージーランドの大学の研究チームが行ったある実験データーをご紹介します。
平均年齢6歳の子供たち58人を美術館へ連れて行き、1日美術館で過ごしました。

1~2日後その日の事をどのくらい思い出せるかをテストしました。
子供たちが自分から思い出したものを自由に言わせていくと驚くほど発言するのです。

一方、大人の質問に答える形で答えさせていくと、子供たちはうまく答えることができなかったのです。
7か月後、同じようにテストすると、自分たちから自由に発言させると次々と思い出すことができたそうです。

また、子供たちにその時のことを絵をかかせると、さらに思い出しやすくなるそうです。

子供と美術館へ行くことには価値がある

美術館へ行ったことを子供たちに自由に話させると、かなりの事を思い出して話せるのに、大人が質問するとどうして答えられないのでしょうか?
それは、観ている視点が違うからです。

大人が質問したことの意味がわからないと言ってもいいでしょう。
子供たちは、大人が見ているものは見ていないのですから。
でも、子供たちは何も見ていないのではありません。子供たちなりに見て、感じて、記憶しているのです。

絵画にしても音楽にしても、小さい頃に、より多くふれることにより感性は磨かれていくといいます。
大人が見ているものを見ていないから、また大人が期待する答えがかえってこないから、子供を連れて美術館へ行っても無駄だと結論しないでください。

子供は子供なり見て、多くを吸収しているのです。
子供と静かに美術館で過ごす一日、忙しい毎日を送っているお母さんにとっても、とても貴重な息抜きの時間ともなります。
子供が出来てからは、家族そろって出かけるとすればいつも子供主体、子供が遊べる所ばかりになっていませんか?

美術館は、家族みんなが学び、くつろげるところでもあるのです。
美術館へ行った後、子供に自由に発言させることにより、子供がどのような視点で美術館での一日を過ごしたのか感じることも、また新たな観点から美術館を見つめることができ面白いかもしれませんね。
お絵かきをさせると、美術館での一日がどのように記憶されているのかさらにわかるでしょう。
今度の休日家族と一緒に美術館ですごしてみるのはいかがですか?

Comments are closed.