1. >
  2. >
  3. 子育て費用の諸々
子育て費用の諸々 ?>

子育て費用の諸々

okane

子供を育てる上での経済的不安

最近は、子供は欲しいけれど、子供一人育てるのも経済的に無理ではないかと不安に思っている若い人も少なくありません。政府も少子化対策として、子育て支援制度をいろいろ打ち出してくれてはいます。
子供が欲しいけれど、経済的にやっていけるのか不安になっている方も、実際、子供を育てるのにどのくらいの費用がいるのか具体的に金額がわかれば、計画をたてることができ不安も軽減できます。では、子供を育てる費用は実際どのくらいなのか、大体の費用を計算してみましょう。

未就園児から中学生までの年間子育て費用

平成21年度インターネットによる子育て費用に関する調査内閣府によると、未就園児の年間の子育て費用総額は約84万です。小学生になると115万ほどになり、中学生になると155万まで増加します。
未就園児は、保育費などに約6万3千円、生活用品に15万円ほどかかります。保育所、幼稚園児になると、保育費に年間38万ほどかかりますが、生活用品は9万円ほどまで減ります。小学生になると学校教育費に10万円、学校外教育費に10万円、中学生になると学校教育費に27万円、学校教育費以外に25万もいるようになります。そのうえ、食費も中学生になると36万近くいるようになります。

中学生までの子育て総額費用

では中学までの子育て総額はどのくらいでしょうか。未就園児4年間で340万円、保育所、幼稚園児2年間250万円、小学生700万円、中学生3年間460万円、合計約1750万です。多く感じますか?計画的に貯めて払えば何とかなるでしょうか?子育てにはそれなりにお金は必要にはなりますね。

高校生から大学生までの年間費用

文部科学省による平成22年度子供の学習費調査によると、高等学校では、公立は年間学校教育費約24万円、学校外活動費約15万円、学習費総額は39万円ほどになっています。私立では、学校教育費は公立の約3倍近くもあり68万円、学校外活動費も24万近くになり、学習費総額では92万ほどもかかっています。
公立と私立で3年間にかかる学習費総額を比べると、公立では約120万円、私立では280万円と大きな差があります。
これは、平成20年より公立高校では授業料無料化になったため、公立と私立の差が開きました。

大学では、平成23年度の文部科学省による調査では、国立大学では4年間で約240万円なのに対して、私立文系では約390万円、私立理系では520万ほどになっています。大学生になると、自宅生か下宿生かによっても費用がかわってきます。

このように、子供の教育にかかる費用は通う学校や家族構成によっても異なります。
今は奨学金制度なども充実してきていますが、なるべく子供には経済的な理由で将来の道を狭めないよう、計画的に貯蓄をしておく必要があるでしょう。

Comments are closed.