1. >
  2. >
  3. 入社当時…
入社当時… ?>

入社当時…

父の影響で

私が経理の仕事を目指したのは一生続けていける仕事であると思ったことも大きいですが、やはり父親の影響でしょうね。
私の父はある病院で経理の仕事をしていました。

ほとんど一人で経理の仕事をしていた父。病院を退職してからは知り合いのお店や会社の経理のアドバイスをするなど、退職後も経理とかかわる仕事をしています。

病院勤めの時と変わらず忙しそうな父ですが、プライベートに仕事にと、とっても充実しているようで本当にうらやましく感じます。
そんな私が希望の会社に入社に経理職となった時には父も一緒になって大変喜んでくれたのを覚えています。

入社した当時は誰でもそうだと思いますが、希望、期待、意欲を持っていました。大学時代もしっかりと勉強してきましたし、父から仕事に関する知識も得ていたので私は難なくやっていけると感じていました。

先輩に支えられて

pc

初めには先輩と一緒に経理の仕事を行っていました。
一緒に業務をすすめるときには間違いもないのに、一人で業務を行うとなぜだかケアレスミスが多発。

しっかりと確認をしているつもりだったのに、ミスを連発した時にはさすがにへこみましたね。
経理ではミスは厳禁ですから。

ただ先輩が非常に優しく、良いアドバイスをいつもくれていたので私は何とか挫折することなく続けていくことが出来たと感じています。

一生懸命業務を行ううちに今任されている仕事がスムーズに行える、簡単だというレベルにまで達することが出来ました。
仕事に関して自信を持てるようになったのもこの頃だったと思います。

Comments are closed.