1. >
  2. >
  3. 産休までカウントダウン
産休までカウントダウン ?>

産休までカウントダウン

仕事は続けたい

妊娠が分かり仕事をこのまま続けていくか、かなり悩みました。
女性が働きながら仕事を続けていくことは大変です。

子供が小さいうちなどは子育てに時間が必要になってくるのに、仕事に多くの時間をとられると十分な子育てが出来なくなることも考えられます。
また経理の仕事は時に残業を強いられます。

特に決算時期には定時に自宅に帰るなんて出来ません。
私の場合には一人で経理を担当しているので余計に時間を仕事に取られがち。

ただ、子供が出来たことによって今の仕事を辞めることになれば大きな後悔が残ることになるでしょう。

経理の仕事をやりたいと思って一生懸命勉強し、一人でも経理の仕事を十分にやっていけるまでになったのに、子供が出来たことで仕事を辞めてしまえば、将来的に子供が出来ていなければよかったと思う時がやってくるかも知れません。

キッズスクウェア帝国ホテル大阪
大阪市の保育士求人なら【保育のお仕事】
↑の帝国ホテルみたいに大手企業には社内に育児施設を設けている所もあるみたいで、沢山保育士さんが働かれているみたいですがうちの会社には無いし、本当に悩みました。

お腹の子に実感がわかない…

夫婦二人でも何度も話し合いをしました。
親にも相談しました。
最終的に、両親が私たちの子育てで足りない部分をサポートをしてくれることに。

産休までまだ3カ月ある頃にはあまりお腹の子供に対して愛情を感じていませんでした。もともとよその子供を見てもかわいい!という感情が少し欠落している部分がありました。

お腹にいることが分かった途端に愛らしく思えると友人たちは口々に話していましたが、私はまだそんな感情を持てていませんでした。
少しずつお腹は大きくなってくるのですが、お腹に向かって愛情を注ぐことが少し恥ずかしいような。

自分が子供が産んでも友人たちのように多くの愛情がかけられるのかな?という不安もよぎり始めていました。

親友に話したところ、今までバリバリ仕事をしてきたから戸惑いがあるのは分かるが、赤ちゃんを産んだら一気に愛情があふれ出てくるから心配いらないとのこと。

ママである先輩の友人が言っているのだから間違いはないのだろうけど、かなり不安でしたね。

産休まであと1カ月となった頃にはかなりお腹も目立つように。歩き方も少しがに股。
みんなが途端にやさしく接してくれるのが面白いようなむずがゆいような変な感覚を抱いていました。

私も赤ちゃんも準備期間

多くの同僚が無事に産まれて来るんだよとか、大きくなったねと言ってお腹を触ってきます。
これもおかしな感覚。触られるとありがとうと思ってしまう。
妊娠していなかったら完全にセクハラですもんね。

いよいよ産休に入ってからは自宅でのんびりすることにかなりの違和感を感じました。
昨日まで仕事をしていたのに、お休みの日でもないのに自宅でゴロゴロ。

出産間近なので、ゴロゴロしながらも育児本、出産に関する本、名付け本を読みまくっていました。
ゆっくりのんびり過ごしているとお腹の胎動もよくわかります。

お腹の赤ちゃんももうすぐ外に出てくる準備をしているのかなと急にかわいく思えたりして。
徐々に母性が芽生え始めているのを少しずつではありますが感じ始めましたね。

Comments are closed.